エチオピア イルガチェフェG−1 アッビ ナチュラル 

 イルガチェフェ地区は1,600m〜2,200mの場所に位置し、ほとんどが小農家で自給自足の生活をしながらコーヒー栽培が行われています。樹にはそこまで多くのチェリーは付かず、生産性は高いとはいえませんが、完熟した実を丁寧に摘んでいます。
 コンガ地区は近くを流れるコンガ川から名前を付けられたステーションが複数あり、コンガとして商品が流通しています。
 ナチュラル精製された豆は特有の熟した果実感、まるでブルーベリーやプラムのような甘みを伴う明瞭な酸が特徴です。特にフレーバーは「これがコーヒーなの?」と感じるほど圧倒的な強さを備えています。

地域:南部諸民族州ゲデオゾーン イルガチェフェ コンガ地区
標高:1,800〜2,000m
品種:在来品種
精製:ナチュラル
焙煎:ハイロースト
販売価格
756円(税56円)
数量
挽き方
購入数